セックスレス 38歳人妻 出会い系サイト

セックスレスで悩んでいる人妻の決断

 

38歳のセックスレスの人妻と出会い、そしてセックスしたという男性が書いているPCマックス(PCMAX)体験談です。

 

お相手の人妻はセックスレスで悩んでいて、PCマックスを使ってみたという感じのようですね。そしてこの男性が書いているPCマックスの日記を見て連絡してきたということのようです。色んなPCマックスの体験談を読んでいると、日記をきっかけにして出会ったというパターンは結構多いですよね。

 

僕自身も今までに日記を読んでくれてメールしてきてくれた女性は多いですし、時間があれば是非とも日記を書くことをおススメします!

 

 

【PCマックス(PCMAX)体験談・38歳男性(千葉県)】

 

 

PCマックスで出会い、そして約束した女性と幕張本郷の駅前で待ち合わせた。ベージュのコートを羽織った38歳のYさんが駅前の交番の前で既に待ってくれていた。Yさんは人妻です。私は既婚者なのでダブル不倫というわけです。

 

彼女が私の車に乗り込んできて、大人の女性の甘い香りが一気に車の中に拡がった。彼女の悩み事を先月から何回もメールのやり取りをして聞いていた。性欲はあるけど旦那が起たなくなってしまったということらしい。糖尿病になってしまった旦那さんは、若い頃は何度もしてくれたらしいんですが、薬を飲むようになってから挿入出来ないらしい。こんな綺麗な人妻が、性欲の悩み事をとつとつと語る、それだけで興奮してくる。でも性欲が満たせないという悩みは切実なものです。

 

私はPCマックスの日記に色んな女性とのセックス描写を赤裸々に書いているんです。Yさんはその私の日記を読んで下半身を慰めてしまったとメールで教えてくれました。私に連絡をくれたのもそれがきっかけでした。そのような出会いだったのでとてもやりやすい。

 

「好きにして下さいね。」と彼女が嬉しい言葉を言ってくれる。そう言いながら、彼女は頬が赤くなる頃、眼鏡の奥が潤んでいるのがわかった。「声が素敵ですね。お話していた時に楽しいひとだと思っていたの。よく言われるでしょ?」などと色々と嬉しい事を言ってくれる。こちらはしがない中年のオヤジなので、そんな事を言われ慣れていない。職場でも若い女の子は全く話しかけてきてくれない。だからそれだけで嬉しくて、彼女に何でもしてあげたくなってしまう。

 

「お願いできる?」と彼女に言われた。お互いに既に中年に差しかかっているわけだけど、彼女には若い子にはないような大人の女性の色気がある。そんな事を思ってると、間もなく彼女の方から唇を重ねてきた。こうして行きずりの関係が始まった。お互いに服の上から貪るように体を弄り合った。お互いに一気に火がつく。お互いに服を脱がせ合う。ズボンを脱がせてくれる彼女。わたしのだらしない下半身とアソコがあらわになる。でもそれを彼女は美味しそうに、そして使い物になるように口に含んで、下を使って舐め回してくれる。いやらしい音が二人の部屋に下品に響きわたる。

 

「入るかしら。あなたの太いんだもん。」と細い目が微笑む。彼女から名前を呼んで欲しいと乞われる。いやらしく何を欲しいかと彼女の名前を呼び尋ねる。卑猥な言葉攻めに、ひとつひとつ咥えながら「はい、ふぁぃ」としゃぶりながら返事をする彼女。「ゴムないよ」と言うと、頷きながら「後ろから下さい」と彼女。バックから犯されるようなセックスが好きだとメールで言っていたのを思い出す。

 

「ああっ!」衣服のまま入れてみる。目の前の彼女の肩に手をかける。ぐいっと奥まで入り込んで、彼女に悲鳴を上げさせる。ぱんぱんぱんぱん、と私のだらしない腹と彼女のきれいなお尻がいやらしい淫靡な音を上げている。「ああぁぁぁぁぁ!」と隣の部屋に絶対聞こえているだろうというくらいの絶叫であえぐ彼女。服を脱がして、二人とも素っ裸になり、汗を流しながら激しく求めあった。完全に弛緩した表情を浮かべながら、よだれを垂れ流している彼女。目は完全にいっちゃってるし、思いっきり深いエクスタシーに入り込んでいるようだ。お互いにバックがあまりにも気持ちよかったので、体位を変える事もなくそのままバックで突きまくり、そしてお互いに激しく果てた。

 

しばらく放心状態でいた後、汗を優しく拭いてくれた彼女。柔らかい笑顔を浮かべている彼女が愛おしかった。少し前まで全くしらない間柄の2人が今はこんなにも激しく求め合っている。男と女というのは本当に分からないものだ。そしてまた何食わぬ顔でお互いの家族のもとへと戻るふたり。明日は娘の学校行事があると彼女は言っていた。この関係はどうやらしばらく続きそうだ。。